最大のつよみ 総保大ならではのインターンシップ“子どもと1700時間プログラム”

特色1 入学直後の1回生から毎週、こどもとの関わりがスタート。

1回生から4年間、現場で子どもと触れあいながら学ぶのが総保大のインターン。毎週同じ現場へ通い、1年を通じて子どもの成長を観察します。4年間同じ施設へ行くのはもちろん、1年ごとに異なる施設を体験することもできます。

現場で役立つ能力を育てるインターンシップ約960時間 資格習得のための実習約740時間

内訳をみる

閉じる

  • 週に1度、決まった曜日に、大学へは行かず直接現場へ登園・登校。
  • 1年間同じ場所へ通える!
  • 保育所→幼稚園→小学校など1年ごとに異なるインターン先にも行ける!

教育実習だけでは知ることのできない現場の実情や特徴がわかる

だから!1回生から視野が広がり、自分にあった将来が見つかります!

先輩からのメッセージMOVIE

先輩からのメッセージMOVIE

どうして総保大ならできるの?それは、1学年110名定員の小規模単科大学だから!インターンの曜日は大学での授業がないなど、特別な時間割をつくっています!

特色2 現場経験と大学内の授業がリンクして、本当に必要な力が身につく

授業での学びをすぐに現場で実践し、現場での気づきや疑問は授業で解決する!そうすることで授業内容が身につきやすく、現場での対応力も高まるため、総保大の学生は在学中から現場の先生に高い評価を受けています。

毎週繰り返すことで、現場で活きる実践力と
大学での課題解決力がUP!

学びのサイクル

だから!大学4年間で、現場で本当に必要なチカラが身につきます!

先輩からのメッセージMOVIE

先輩からのメッセージMOVIE

先輩からのメッセージMOVIE

その結果!総保大の学生は現場に求められる即戦力に!圧倒的な経験値の高さが評価され、就職率は全国トップクラスです!